岡田真澄の三男の自死が悲劇!次男や長男の親子の確執は罪レベル

この記事は4分で読めます

岡田真澄アイキャッチ

ハーフタレントの先駆け的存在でダンディーな
俳優としても活躍した故岡田真澄さん。

私生活でも3度の結婚に3人の息子たちと最後の
結婚では娘さんも誕生し子宝にも恵まれた岡田
真澄さん。

でも彼の人生は奔放過ぎたが故、三男が自死と
いう悲惨な結果を招いた事でも知られる人物です。

親子の確執の原因となったのは全て自分の欲求の
まま生きてきた岡田真澄という男の身勝手な行動
がもたらした結果なのかもしれません。

今は亡き俳優岡田真澄さんの三男の悲劇の自死、
次男や長男ら親子の罪レベルの確執について
お伝えします。

Sponsored Link

岡田真澄プロフィール

芸名:岡田真澄(おかだ ますみ)
本名:鑓田真澄(やりた ますみ)
生年月日:1935年9月22日
没年月日:2006年5月22日(70歳没)
出生地:フランス・ニース
身長:184㎝
血液型:O型
職業:俳優・タレント
愛称:ファンファン
趣味:ガーデニング・水泳
特技:合気道・スキー

岡田真澄の結婚遍歴と子供達

娘
2006年5月食道がんのため70歳で死去された
岡田真澄さんは、三度の結婚をしておりその
自由奔放な人生が話題になりました。

若い頃にはハーフタレントや二枚目俳優の先駆け
として活躍したダンディーな故岡田真澄さんには
その華やかな容姿に負けない3回の結婚歴があります。

1回目は1960年にパントマイマー・ヨネヤマママコ
さんと結婚、2回目は1972年に女優の藤田みどりさんと
再婚し1994年離婚、翌年の1995年に26歳年下の
客室乗務員鎌田恵子さんと結婚しています。

最後の妻となり26歳年下の妻として話題となった
恵子さんの長女の朋峰(ともみ)さんは2019年ミス・
インターナショナル日本代表に選ばれた美女で、父親を
彷彿とさせる美しい容姿も話題になりました。

2度目の女優の藤田みどりさんとの結婚生活は順調に
見え、3人の男の子をもうけていますが離婚の際、

「映画を作るために借金をするので、家族に迷惑がかかる。その為、書面上だけ離婚してくれ。」

と説得したといいます。

この一方的とも取れる説明で強引に当時の妻だった
藤田みどりさんを説得して離婚を成立させた岡田真澄さん。

でもその離婚理由は全てが虚偽だったと後に判明します。

全てが彼の都合での一方的な離婚話で、それが理由に
親子程歳の離れた若い女性とまた再婚するなど周囲の
反感をかうのも当然といえます。

こうした経緯から藤田みどりさんとの間に設けた3人
の息子対前妻は岡田さんとその後、絶縁状態で岡田さんの
亡くなる間際までほとんど会うこともなかったようです。

岡田真澄の三男の自死の理由

冒頭で説明した二度目の妻藤田みどりさんとの
間の3人の息子に恵まれた岡田真澄さん。

でも離婚後、世間を騒然とさせる報道がありました。

それは2004年7月田園調布の自宅で岡田真澄さん
(当時68歳)と前妻で女優の藤田みどり(当時58歳)
さんの三男(当時26歳)が自殺したのです。

何故?と思うと思いますが、その自殺の理由こそ
父親である岡田真澄との関係が大いにあったのです。

報道や長男の話によると、三男が初めて全国規模の
舞台をプロデュースして、その看板俳優に父親である
岡田さんをキャスティングしており、当然父親の岡田さんも
その舞台出演を了承していました。

が、岡田真澄が息子に対してとった行動が信じがたい
行動だったのです。

何と岡田真澄さんは舞台直前になって三度目の再婚した
妻との間に誕生した末っ子の幼い娘
(再再婚恵子さんの子、朋峰さん)の運動会に行きたい
を理由に三男が人生を賭けてプロデュースしていた舞台を
降板したのです。

これが元となり当然舞台の共興は大失敗、頓挫状態
となります。

当然、全国の劇場にも迷惑がかかり、違約金が生じ
当時のお金で1億円弱の借金を背負ったとも言われ
それが元で三男は精神状態が落ち込み自死という
最悪の行動を選ぶ事になったといいます。

しかも自分が自死することで母親に唯一の親孝行を
との意思から多額の生命保険をかけていたそうです。

父親の思い付きで降板した事が災いした初舞台の
プロデュースの大失敗を三男は自死で責任を取る
という悲しき選択をします。

岡田さん本人は身勝手な想いで前妻と離婚したにも
関わらず離婚後も三男との交流はあり、5月に食事を
共にしながら仕事の悩みを聞き励ましたと語っています。
(デイリースポーツ・2004年8月24日紙面)

岡田真澄さんの会見では涙ながらに原因がわからないと
悲しむ様子が見えますが、三男の葬儀をも欠席するなど
一見理解しがたい不審な点があります。

当然これらの背景を知る次男や長男らは父親の
どこまでみ身勝手な行動がもたらした結果に過ぎない
事を理解しているので確執は一層激しいモノだったと
言えるでしょう。

Sponsored Link

岡田真澄の息子らの確執は罪レベル

岡田真澄さんの長男眞善(しんぜん)さんは、現在も
俳優・ラジオパーソナリティー、次男は一般人、三男は
冒頭で説明したように舞台を制作する大手芸能事務所に
在籍していたといいます。

岡田さんの舞台キャンセルによる責任を自死で償った
三男の悲劇は、もはや罪レベルの親子確執劇とも
いえるでしょう。

息子
長男の眞善さんはメディアにも登場し、生前の父親であり
俳優としても一流のスターだった岡田真澄さんの裏の顔を
大大的に暴露をしています。

それは、かなり赤裸々な内容で、相当な怨根がなければ
なかなか世間に公表をするにはためらわれる内容で
プライベートなどについてセレブを気取った風貌や
生活の全てが嘘などといったことなどを暴露しています。

藤田さんとの偽装離婚についても事実ではなく8年もの
不倫の末3度目の結婚に至ったことを挙げています。

また岡田真澄さんは再婚し、岡田姓ではなく相手方の
養子になり鑓田姓になったのに、腹違いの妹である
朋峰さんが岡田姓でインターナショナルに出場し名を
広めるなどしたことも兄弟の不信感を呼んでいるようです。

岡田さんの自由な結婚遍歴が作り上げた息子たちとの
確執劇は穏やかならず、今もかなりの罪レベルで
あることは間違いないでしょう。

正直いって妹である朋峰さんには全く関係ないのでは?
と思うのですが、実の父親からの仕打ちで苦渋を舐める
想いを数々してきた長男としては認めがたい想いが
あるのかもしれません。

今は亡き父親岡田真澄氏は天国で、この様子をどんな
想いで見ているのでしょうね。

腹違で、違う日本人の母親を持ったにも関わらず、その
兄妹らの容姿を見れば誰もが今は亡き俳優岡田真澄を
彷彿とさせる端正な容姿でクォーター色の強い顔立ちは
まさに兄妹そのもの。

そんな二人が敵対しなければならないような状態
を作った岡田真澄さんは何とも罪作りなお父さん
だなと思えてしまいますね。

Sponsored Link

おわりに

3度の結婚を経て自由奔放なイメージの俳優岡田真澄さんの三男の悲劇の自死の原因は、親子の確執であるといわれており、前妻藤田みどりさんの3人の息子たちと岡田さんの間には離婚を巡り生まれた根強い父親への不信感が流れているといえます。
岡田真澄さんと息子たちの確執は複雑で、三男の自死によりかなりの罪レベルであることが感じられますが岡田さん亡き後は、長女側との岡田姓をめぐっての確執なるものが伝わっています。
岡田真澄さん本人の息子たちへの愛情が如何ほどだったかがはっきりしないまま亡くなってしまったことが、さらに波紋を広げているようで、今後の岡田さんや家族についてのニュースが気になるところです。。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 穂積隆信アイキャッチ
  2. 陣内孝則アイキャッチ
  3. パクボゴムアイキャッチ
  4. 鈴木亮平アイキャッチ
  5. 千葉真一アイキャッチ
  6. 小栗旬アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて