大杉漣が急性心不全で死去!息子はカメラマンで若い頃の顔ソックリ

この記事は3分で読めます


最近ドラマや映画で引っ張りだこの俳優大杉漣
さんが急性心不全で死去されました。

18日までブログを更新していた大杉さんの急
過ぎる死は免れる事は出来なかったのか?

残された息子はカメラマンで若い頃の大杉漣に
よく似たイケメンです。

ご冥福を祈ると共に真相を追ってみよう~

大杉漣が急性心不全で死去!

ビート武の『ソナチネ』でブレイクして
このところ見ない日はないレベルであちこちの
ドラマに出演されていた俳優の大杉漣さん(66歳)
が2月21日死去されました。

あまりに急で驚いたが事務所ホームページに
よると21日午後3時53分に急性心不全
この世を去ったとの事。

詳しい情報はいまだ明らかになっていないが
急性心不全となると恐らくその予兆はなかった
のではないでしょうか・・・

追記です。
昨夜の撮影後ホテルで晩御飯を食べた後急な
腹痛を訴えて、同じ共演者?だった松重豊
さんが付き添って救急病院に行かれたそうです。

その後共演者の方「バイプレイヤーズ」?
の方々に見守られてお亡くなりになったそうです。

家族ではなく共演者に見守られて~というのが
何とも最後まで俳優として芝居に生きた大杉漣
さんらしい最期だったのですね。

本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りします。

葬儀は家族や本人の意向で親族のみで執り行う
との事です。

大杉漣の急死は免れなかった

大杉漣さんは自身のブログで最後の投稿が
2月18日「大杉漣の風トラ便り」の内容は
愛猫の写真と共に

「こんな顔でぼくを見ます ご飯にして欲しいのだと思います」

この内容からしても彼は元々体調が悪いという事も
なくまさに病名の如く急性心不全は突発的に発症した
可能性が高いのかもしれませんね。

尚、お亡くなりになった今日の21日テレビ東京から
ドラマ「バイプレイヤーズ」(水曜・後9時54分)
にも出演中の大杉さん。

今月5日のドラマ会見にも出席されていたとの事。
見なければ~って感じです・・・

いつ誰がなってもおかしくない急性心不全。

とは言え本当に急すぎて本人さえもアッという間
だったのかもしれません。

早すぎる死にご冥福をお祈りします。

大杉漣の息子はカメラマンで若い頃の彼にそっくり

ところで大杉漣さんと言えば息子さんと
娘さんの二人のお子様が見えるらしいのですが
息子さんはカメラマンをされているとの事。

嫁は弘美さんと言う方でデキ婚だったらしいですが
意外にも下積み生活が長かった大杉漣さんを陰で
支えてくれた元劇団員の女性との事です。

長きに渡って下積み生活も長くそんな生活の中でも
パチンコなどの浪費癖のあった大杉漣さんをずっと
支えてくれた女性としてテレビで話していたのが
印象的でした。

そして弘美さんとの間に誕生した最初のお子さんが
長男の大杉隼平(おおすぎ しゅんぺい)さんです。
息子
出典:http://www.digicamezine.com/wp/2016/06/13/10949/

どこか若い頃の大杉漣さんを彷彿とさせるイケメンです。

デキ婚なので結婚した年の1982年8月28日生まれの
現在35歳ですね。

カメラマンと言っても雑誌・テレビ・広告などの
写真家として活躍し、現在は父親の大杉漣さんと
同じ事務所のザッコに所属するカメラマンとして
活動されています。

俳優になってもおかしくないルックスですが・・・

カメラマンの活動としては
福島を撮影した写真展
「日常と非日常 – 1年経って思い出したあの日-」
など原発事故によって外遊びが出来なくなった子供達
『空』『みんなの空』としてプロジェクト活動
を行ったりしています。

そしてもう一人長女の大杉そらさんです。

こちらは噂ではパティシエをして見えるとの事。

まるきり一般人なので画像はありませんが
お父様とお兄さんを見ても凄い美人の可能性
大ですよね。

おわりに

遅咲きの俳優としてこの数年は着実に存在間のある役者としてもバラエティでも活躍されていた大杉漣さんのあまりにも早すぎる急死に驚いた一人ですが、急性心不全となると、あまり予兆があったとも考えにくく、そう考えるとこの長寿日本人といえども明日は我が身と思い今を懸命に生きる事の大切さを改めて実感してしまいます。

今夜のドラマ「バイプレイヤーズ」も是非見逃せませんね。ご冥福をお祈りします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宍戸錠アイキャッチ
  2. いしだ壱成
  3. 鈴木亮平アイキャッチ
  4. 田中邦衛アイキャッチ
  5. 渡辺謙アイキャッチ
  6. 遠藤憲一アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて