松田翔太の兄弟仲や妹との喧嘩が凄い?父や母の出会いもW不倫から

この記事は5分で読めます

松田翔太アイキャッチ


モデルの秋元梢さんとの結婚が秒読み段階に入り
いつ結婚発表があってもおかしくないと噂の売れっ子
俳優松田翔太さん。

彼の家族構成は今更ながらかなりの俳優一家として
有名ですが同じ俳優の兄の松田龍平さんとの共演が
ほとんど無い事からも不仲説が根強くあるそうです。

歌手の妹との喧嘩が凄いといわれる兄妹喧嘩の
内容ややっぱり避けては通れない父親の松田優作氏や
母親の強烈過ぎる結婚までを追ってみようと思います。

松田翔太の兄弟松田龍平との仲が悪い説の真相

個性派俳優として兄弟ともに今や人気俳優として
不動の地位に上りつめた松田翔太さんと兄の松田龍平さん。

それぞれ個性やキャラクターは違うものの、その演技力と
確かな存在感は彼らの両親を思えば当然のDNAの
成せる技なのかと思う程なレベルです。

そんな二人の兄弟にまさかの不仲説がかなり前から誠
しやかに語られているそうです。
兄弟
不仲説の理由の一つがまるっきり兄弟の共演が無い
事も大きな原因
に上がっているそうですが、実際は
本当に兄弟仲が悪いのでしょうか?

結論からして世間の見る売れっ子俳優の兄弟でデビュー
から現在まで二人の共演が無い事からの不仲説は実際は
間違いにようです。

現在はモデルの秋元梢さんと結婚目前と言われながら
一人暮らしの翔太さんの家に兄の龍平さんが泊まりに
行くなどむしろ兄弟仲は良いみたいですよ。

ならどうして共演が一度もないの?

これが調べる内に直ぐ理解出来たなるほどの理由です。

それぞれ有名俳優を両親に持つ二世俳優としての
デビューでしたが今となってはそんなバックグランドも
関係なかった程の存在感と才能を発揮して二人は人気俳優
となっています。

兄
でも二人の共演が無いのは結局の所俳優としての
キャラクターがあまりに違い過ぎる!

これに付きます。

二人がそれぞれに持つ唯一無二の存在感と個性は
誰もが認める所ですが、その個性がリンクするか?

そういわれると全く異なる個性派俳優として活躍
されてますよね?

兄の龍平さんは16歳で故大島渚監督の映画
「御法度」で俳優デビュー。

その後も着実な作品にも恵まれ映画『船を編む』では
主演男優賞も獲得する程の演技派俳優として自らの
立ち位置を着実に進んできました。

兄貴
対する弟の翔太さんも兄に負けじと2005年の
大ヒットドラマ『花より男子』の西門総二郎役を
見事にはまり役として演じ、その後も「LIAR GAME」
で主演も演じ、これらのはまり役でシリーズ化される
程の人気作品となります。

これらの出演作品や兄弟良く似たビジュアルとは言え
既に確立された自身のキャラクターが濃い故に共演
してのメリットがあまり見いだせない事が共演ドラマ
や映画の無い事の証明かもしれませんね。

二人共かなり個性的ですもの・・・

それに二人共が主役級レベルの存在感です。

下手な共演などかえって無い方が無難なのかも
しれません。

実際は兄弟仲はとっても良いみたいですよ。

それにしても二人共が主演級の役者って事自体が
よくよく考えたらかなり凄い事実です・・・

松田翔太の妹との喧嘩がヤバい?

そして彼らには忘れていけない末っ子の兄妹で
妹の松田夕姫さんが見えます。

この松田夕姫さんもその容姿を見れば確実に
松田家のDNAを感じざる得ない見事なビジュアル。

妹
現在は歌手Yuki名義でボーカルとして「Young Juvenile Youth」
活動されているそうです。

でもこの妹さんと真ん中の翔太さんとの兄妹喧嘩が
相当ヤバい
と話題になったことがあるのです。

それは、喧嘩の内容があまりにも凄まじくて救急車と
パトカーが駆けつける程の兄妹喧嘩だったとか・・・

スンゴイレベルのワイルドな兄妹喧嘩だったのでしょうが
正直聞いた事ないですね・・・

事件になりそうな1っ歩手前レベルの取っ組み合いの
殴り合い状態の激しい喧嘩だったのでしょうか・・・

聞いただけでも相当なエキセントリックな兄妹って
感じで正直恐ろしいです。汗

でもこれも熱くなる兄妹の資質が似ているからこそで
喧嘩するほど仲が良いの典型的な兄妹感の微笑ましい?

エピソードのようです・・・

現在では翔太さんのインスタに二人揃ってUP画像
を出すなどなかなかの兄妹仲の良さを披露している
みたいなので・・・

ただたんに激しいだけのようです。

松田翔太と言ったら父親松田優作の個性派俳優

そして今となっては事なる個性で売れっ子俳優として
活躍する松田兄弟ですが、デビュー当時は相当話題に
なった父親の松田優作さんの存在感が今も尚売れっ子の
二人に残像が残っているところが凄い事実です。
父親

1973年に当時の人気ドラマ『太陽にほえろ』
ジーパンデカとして一躍人気俳優に駆け上がった
松田優作さんの個性は今見ても色あせない個性の強さと
松田兄弟も真っ青なキャラクター。

これまでも人気ドラマ『太陽にほえろ』の名シーンとして
ジーパンデカの殉職する名シーンは何度か放送されてます
し私も見たことがあります。

このドラマで人気俳優となるも松田優作さんはこの後
一般人に対しての傷害事件を起こし俳優活動自粛期間も
経た後にハリウッド映画の『ブラックレイン』でデビュー。

父親
1988年の映画でしたが確かな手ごたえと確実な
演技力でその才能を認められた矢先に彼はわずか40歳で
膀胱がんとなってこの世を去る事になるのです。

これからが本領発揮と言う志半ばでのガンと言う病魔に
おかされた松田優作さん。

この1988年の『ブラックレイン』に出演が決まった当時
この膀胱がんを同時期に発覚した松田優作さんは延命治療
より自らの生きた証としてハリウッドデビューを選んだそうです。

太く短くを体現して命を燃やし尽くした男。

それが松田優作と言う今も伝説の俳優として
語られる唯一無二の男が彼ら兄弟のルーツだと
思うと納得の存在感ですよね。

ちなみに父の松田優作氏が40歳で亡くなった時
彼ら松田龍平はわずか6歳。弟の翔太さんが4歳。

一番末っ子のYukiさんが2歳だったそうです。

そして彼らの母親松田美由紀さんが28歳でした。

これ聞いただけでかなり壮絶です・・・

松田翔太の父親と母親もW不倫が始まりだった

こんな壮絶な父親の元誕生した松田家の兄妹達ですが
この両親の出会いもまた強烈な出会いだったのです。

何と松田優作さんが美由紀さんとの結婚が再婚だったのは
何かで見て知っていましたが、二人が出会った当時
18歳の高校生だった美由紀さんもまた既婚者だった
と言うのです・・・汗
母親

完全なるW不倫状態で二人は再婚したのです。

しかも当時離婚する気の無かった松田優作に
ゾッコンラブ状態になった当時高校生の美由紀
さんが当時の松田さんの妻と子供(娘がいた)
の自宅に押し掛けてこう脅したそうです。

『結婚できなきゃ死んでやる!』

そう言ってナイフで手首を切りつけて見せたそうです。

これを見た松田優作が通常の男と違う所を見せます。

『こんなエキセントリックな女は初めてだ。見たことが無い』

そして『この女から離れられない』と思考が変化して
当時の嫁との離婚に踏み切って美由紀さんとの再婚に
至ったそうです。

何だか物凄い過去ですが、これ昼メロとかの作り話では
無く正真正銘の実話のようです。

激し過ぎる情熱を身体ごとぶつける美由紀さんの
情熱にほだされて離婚して結婚する辺りがやはり
常人とは違う許容力と魅力を持ち合わせていたので
しょうね。

だってこんなハードな行為をされたら通常大半の
男はドン引きのはずです・・・

運命の出会いはこうして始まり3人の子供に
恵まれわずか数年の結婚生活を終え40歳の若さ
でこの世を去った松田優作さん。

こんなドラマテックな両親の過去もあの兄弟を
見れば納得の遺伝子の力を感じるので不思議です。

それにしても母親の美由紀さんも凄いキャラ!

おわりに

松田翔太さんの兄龍平さんとの不仲説や妹との壮絶すぎる兄妹喧嘩にワイルド過ぎる大俳優松田優作を父にその父と力業で結婚に持ち込んだ松田家の母美由紀さんの生命力にもアッパレです。今後松田家の面々がどんなドラマを見せてくれるのかドラマや映画よりリアルで気になる所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 陣内孝則アイキャッチ
  2. 中村獅童アイキャッチ
  3. 豊川悦司アイキャッチ
  4. 斎藤工アイキャッチ
  5. 西郷どん
  6. 中村雅俊アイキャッチ
    • 北海 太郎
    • 2018年 8月12日

    昔の泣き虫翔太も、大人になったの~❗

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて