セルジオ越後の経歴詐称にドン引き?超辛口コメントは何様発言?

この記事は4分で読めます

セルジオ越後アイキャッチ

辛口サッカー評論家として有名な
セルジオ越後さん。

先日のコロンビア戦勝利後のコメントも
いつも通り辛口でした。

そのセルジオ越後さんの経歴が詐称まみれだと
いう噂と、それに関係するのか「何様なんだ?」
とネットで話題になっています。

評論家としての彼の経歴詐称を追ってみよう~

Sponsored Link

セルジオ越後のロシア杯コロンビア戦を終えて~

先日行われた、『2018FIFAワールドカップロシア』
日本代表の初戦、コロンビア戦が行われました。

結果として2-1で日本が勝利しました。

セルジオ越後さんが、その試合を振り返っての
コメントを出しています。

「いきなり相手が退場となり、こんなこと2度とないような
ラッキーな展開になったね。盆と正月が一緒に来たようだよ」

「日本は数的有利になってからの試合運びはバタバタしていたし
コロンビアとのレベル差はまだまだあると感じさせた」

「数的有利になったことで、今後の得失点差を考えても、もっと
積極的にとどめを刺しに行ってほしかった」

「勝利で選手やチームが浮かれない事を願っている」

 など、総じていえば
「運で勝った面が大きい。浮かれずにもっと攻めていけ」
という主旨の言葉が多かったようです。

辛口評論家として有名なセルジオ越後さんらしいといえば
らしいコメントの数々でしょうか。

熱烈なサッカーファンでなくても常に上から目線な
この発言が逐一癪に障ります。汗

てか、どんだけぇ~って感じです・・・

セルジオ越後プロフィール

 
ウィキペディアによるプロフィールでは
セルジオ越後さんは日系ブラジル人の二世
ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。

サンパウロのコリンチャンスでプレイし、日系人として
初めてブラジル代表候補として名前が挙がった。

と、あります。

1972年に来日し、現在はサッカー評論家・指導者
また会社取締役や日本アンプティサッカー協会の
最高顧問として活動中だそうです。

Sponsored Link

セルジオ越後の経歴詐称が酷すぎ?

簡単にセルジオ越後さんのプロフィールを
紹介しましたが、彼には少し後ろ暗い噂も
あるようです。

それは、テレビ局スタッフをだまし
「ブラジルで一流選手だった。ブラジル代表候補レベル」
という嘘の経歴紹介VTRを作らせて、来日以来ずっと
発信し続けているというもの。

近年でこそネット社会と言われるように、誰でも
簡単に情報が調べられるようになっていますが
セルジオ越後さんが来日した1972年頃はそんなものは無く
テレビを利用して「一流選手だった」と主張し
続けているというのです。

セルジオ越後さんの公式サイトに掲載されている経歴は
嘘ばかりで、ブラジルで報じられている経歴と全く違うそうで
ネット時代の到来によって最近バレたとのこと。

本人が自己紹介する時のプロフィールとして

・ビッグクラブのコリンチャンスで引退した
・それ以外のチームに所属していない
・コリンチャンスで活躍していた選手で能力があったが自分から引退した
・日本に来てからも活躍していた

と話します。

当時、セルジオ越後さんが所属していたブラジル2部
チームの集合写真がネット上で発見されています。

そしてその写真には確かにセルジオ越後さんと
思われる方が写っていますが、コリンチャンスの
試合と違って明らかに客数が少ない小さなスタジアムであり
ユニフォームもコリンチャンスと全く違って、1968年の
トレスポンターノというミナスジェライス州のブラジル2部
チームの集合写真だったようです。

コリンチャンスに在籍していたのは2年だったそうですが
2年で11試合に出場し無得点であり、その後に2部でも
活躍していません。

本当の経歴として見つかるものは

・1964-65年、コリンチャンス(サンパウロ州・1部)11試合0得点
・1967-68年、トレスポンターノ(ミナスジェライス州・2部)記録不明
・1971年、ブラガンチーノ(サンパウロ州・1部)記録不明
・1971年、パウリスタ(サンパウロ州・1部)記録不明
・1972-74年、不二和不動産(日本・1部)40試合6得点

というものでした。

ネット上で見つかる総評としては

「ブラジルでは活躍どころかどこのチームに在籍しても
活躍したことが無い。コリンチャンス退団後、ブラジル2部でも
すぐに解雇、どのチームにも1年以上在籍できたことが無い」

と、されています。汗

記録不明なものが多いのは、この頃のブラジルの
メディアでは見つけることが困難な状況なのだと思われます。

 これらの経歴詐称をまとめたものもネット上で流れています。

「18歳でプロ契約した」…ブラジルの記録では19歳で契約している
「コリンチャンスで活躍した」…11試合0得点、翌年すぐ解雇されている
「コリンチャンスは24歳で自分から引退」…20歳で解雇されている
「コリンチャンスで引退した。そこ以外に在籍していない」…コリンチャンスで
引退しておらず、その後2部を渡り歩き、どこも1年で解雇されている
「ブラジル代表候補だった」…仮に代表候補だったとしても
「ブラジル”五輪”代表候補」ということであり「ブラジルA代表候補」ではない。

これらの経歴、どちらが正しいのかが気になるところですが
そもそもセルジオ越後さんの言う経歴が確かなものだという
証拠が一切ないのです。

特にブラジル代表候補に関する辺りは怪しげなもので
1964年の東京オリンピック南米予選には1試合も出ていないし
招集もされていないとのこと。

南米予選に1試合も出ていない選手が本大会に
出場するブラジル代表に選ばれるわけがありません。

 これらの話の真偽はどちらなのでしょうか。

今の超上から目線のコラムやコメントを思い出すと
恥ずかしくないのでしょうか・・・

噂だけでも超ドン引きな噂ですが・・・

セルジオ想定外にヤバいキャラですね。汗

Sponsored Link

セルジオ越後は何様発言?

セルジオ越後さんに関する話題でネット上で
よく挙がるものに

「セルジオ越後って何様?」と言うのがあります。

「偉そうな事言うけど、この人が監督やったらいい成績残せるの?」

「そんなすごい実績がある人なの?」

 などなど、疑問視する意見質問が多くありますが
それらに総じて多い答えは
「『評論家』だから好きかって言うのが仕事」

「マイナースポーツだった頃にサッカー教室を開いたことが、おそらく唯一の実績」

 など辛らつなものから

「ブラジル代表に選ばれたこともある」

「ロナウジーニョの得意技エラシコを編み出したのも彼だ」
などの好意的な意見も多々あります。

前述した経歴詐称が真実かどうかが、また
ここでも影響してくるようですね。

おわりに

 偉そうだとか辛口だと言われるセルジオ越後さんですが「監督」ではなく「評論家」であるなら、別に実績が無くても的を射た事を言って居れば問題ないようにも思えます。かといって、経歴詐称はダメですけどね!ホントのところ、どうなんでしょうね。とは言えあまり評論家宜しくで大きな口調で日本代表をこき下ろすのはいい加減辞めて欲しいと願うばかりです。これだけの疑惑がある人なら尚更寒すぎると思うのは私だけではないでしょう~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 萩上チキ
  2. 勝間和代
  3. 美輪明宏
    • 結果から批判
    • 2018年 7月3日

    セルジオとか言う人 何でも言えるのも過去の経歴にすがってるだけでしょ。炎上芸人にみたいで頑固ジジイ的で俺の時代はああだったこうだったと現実を解析しないボケ老人 個人的には気にしないけど、言われる方は大変かとお悔やみ申しあげします そう言う私もこのお方の策略に負けてコメントしちゃった 皆さんは無視して下さいね

    • 知ってりゃ
    • 2018年 7月3日

    揚げ足取りは、誰でも出来る決まり手

  1. セルジオ越後と張本勲の発言思考と無知無能顔は最悪。国に帰ってください!確かブラジルと朝鮮ですよね!この二人の発言は日本人にとって百害有って一利無し!使っているテレビ局とスポンサーも信用なら無い!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて