肌が綺麗な人の特徴は美白より透明感!毛穴レスな美肌ケア方法とは

この記事は5分で読めます

イヨンエ肌

美しさの基準は年齢と共に変化しますが男女共通の美の基準には美肌である事が重要なポイントだといわれています。

今回は肌が綺麗な人の特徴にはどんな特徴があるのか。

美白に拘る女性が多いと思うのですが実は肌が綺麗な人の特徴は色の白さのみではなく、透明感だと言う事が分かります。

透明感を左右する美肌ケアや毛穴レスの方法まで調べてみたので参考にしてもらえたらと思います。

Sponsored Link

目次

肌が綺麗な人の特徴

美肌

お肌が綺麗な人を想像すると、どんな女性が想い浮かびますか?

個人的には韓流スターの女優さんたちのお肌は本当に白くてツヤツヤ。

韓流スターの女優を見ると、同じアジアと思えない程の透明感ある美肌ぶりにはドラマ以上に目を奪われる人も多いのでは無いでしょうか。

美しい顔立ちより、今風のメイクより目を引くのは素肌が美しい女性です。

どんな最新のメイクも絶世の美女でも叶わない透明感と清潔感を漂わせ魅力的な女性に見えます。

結局のところ人の美しさや取り繕ったメイクは、美肌の持つ潤い感や究極の透明感には叶わないかな、と思うのです。

そこで考えた美肌の女性の特徴をピックアップしてみました。

目指すは究極の美肌の女性、これならお手入次第で現代の最先端美容を取り入れれば、意識次第で手に入る、そう思うのです。

それでは一つすつ美肌の女性の特徴を考えてみましょう。

肌が綺麗な人が持つ条件

・清潔感がある

肌が綺麗な人は、清潔感があります。

特に口角や小鼻のくすみや赤みが目立つと、清潔感が損なわれてしまいますので意識して注意してみましょう。

唇の上の産毛処理も清潔感を保つにはとても大事です。

清潔感は細かい場所まで手入れが行き届いているかどうか決まります。

・潤っている

肌に潤いがあることは美肌の必須条件です。

肌のキメがそろっていて、手で触れるとしっとりとした柔らかさがあります。

人の肌は健やかな状態の場合、肌の水分量は角層で15~20%、角層より内部の表皮や真皮では60%~70%と言われています。

加齢や紫外線などの外的要因により、このバランスは崩れることもあります。

正しい保湿ケアをして肌の潤いをキープしましょう。

・透明感がある

肌のきれいな人の絶対条件に肌の透明感があります。

透明感のある肌は、顔全体の印象を明るくします。

肌の生まれ変わりが順調で、角層の重層化がない状態だと肌に透明感が生まれます。

メラニン代謝も良く、くすみとは無縁の肌です。

肌に透明感があると若々しく見え、素肌にも自信が持てます。

・目立つデコボコがない

なめらかで透明感ある肌は綺麗な肌をより綺麗に演出してくれます。

角栓やニキビ、毛穴の開きや古い角質が顔の凸凹を感じさせる場合もあります。

適切なスキンケアはもちろんのこと、日ごろから鏡でチェックしたり、実際に手で触って凸凹を見逃さないよう確かめることも大事です。

・ハリがある

肌が綺麗な人は肌にハリがあります。しみや、たるみがなく、触ると弾力が感じられる肌です。

ハリがある肌は、肌内部の働きが良好です。

ハリ肌は、コラーゲンの繊維を支える役割を持つ繊維の、エラスチンやコラーゲンの量と顔の筋肉が大きく関係しています。

特に紫外線は「光老化」を引き起こし、ハリを失わせる一番の原因になるので要注意です。

Sponsored Link

肌が綺麗な人は美白より透明感がある事実

毛穴レス
美肌大国の日本人だからこそ、基本に立ち返る美肌と色白の勘違いを紹介しましょう。

肌が綺麗な人の特徴をいくつか挙げてきましたが、中でも肌を綺麗に見せる為に重要なのは肌の色ではなく、【透明感】です。

小麦色の肌をしていてとしても、肌の透明感は「瑞々しく」見えるが大事になってきます。

「色の白いは七難隠す」と言うことわざ通り、多少の難があっても色の白さで誤魔化してくれます。

しかし、ただ白ければ良いと言うわけではありません。

肌の透明感は、肌内部の光反射によって生み出されています。

光反射を増やすには不要な角質をしっかりオフし、保湿をしっかりをすることが大事です。

また、日焼け、冷え性などでの血行不良、タバコ、などは透明感のある肌から遠ざかってしまいますので注意しましょう。

光の反射率にはメラニン色素の量は関係ありません。

肌本来の色を生かして透明感をアップし、美肌を手に入れることは誰でも可能なのです!

お肌にツヤやハリが出て、キメが整うから透明感が出てお肌が色白に見える、これが王道の美肌効果だと考えています。

美肌ケアにはビーグレンがおススメです☟


美白ケアじゃないツヤハリ肌をおすすめする理由

美白ケアばかりを取り入れるのではなく、色よりお肌の透明感をいかにして出すか?

この根本を見直す必要があると思うのです。

だって、たま~に見かける塗り壁のように真っ白なファンデーションでお顔を真っ白に仕上げた女性お肌は当然お化粧効果で白く仕上がっていますが透明感のカケラも無い状態の真っ白な塗り壁肌美しいと感じる人がどれだけ見えるでしょう。

それとは真逆に、お肌は健康的な普通色や、やや健康的な肌色の女性でも透明感やツヤハリ感を感じるお肌やスッピンなの?と思う程の軽い仕上がりでツヤツヤなお肌の女性、

どちらが魅力的に見えるかは一目瞭然ですよね。

美白信仰の強い日本人だからこそ色より透明感お肌のハリや艶に拘ったお手入にシフトする。

この取り組み方の違いで将来の美肌力が大きく変わると言っても過言ではありません。

是非、美白ケアより、透明感やツヤハリを意識した美肌ケアに取り組みましょう。

Sponsored Link

肌が綺麗な人は毛穴レスな美肌ケア方法

それでは毛穴レスで透明感あるお肌に絶対必須の注意事項を紹介します。

それは、美白に拘るなと言いつつ矛盾している?と思われるかもしれませんが、やっぱり焼けは美肌の大敵だと言う事です。

何故バカンスでの日焼けや温暖化が進む現代人にとっての、日焼けケアが絶対必須なのか紹介します。

・絶対日焼け止め

日焼けはヤケドと同じです。

日焼けによって角質が傷ついてしまうと、単に乾燥してしまった時より肌をリカバリーするのは大変です。

また、肌の老化の8割加齢ではなく、太陽光による光老化であると言われています。

紫外線はしみ、しわ、たるみ、くすみを引き起こす原因になりますので、美肌には絶対日焼け止めが必要です。

・肌にはビタミンC

ビタミンCは、美肌を作る上で欠かせない成分です。

メラニン色素を薄くしてくれるので「美白効果」があり、皮脂分泌を低下させ、毛穴周辺の皮膚の弾力を回復させてくれるので「毛穴レス効果」があり、大人ニキビも改善してくれます。

また肌のバリア機能も高めてくれる機能もあります。

肌への効果を期待したいなら、ビタミンCは飲用するより直接肌へ塗布した方がおすすめです。

美肌作りを心がける全ての女性にビタミンC美容液を取り入れる事をお勧めします。

・美肌に乾燥は大敵

べた付く事を嫌う事から乳液やクリームを嫌う女性が今だに多いと言われますが肌の乾燥は肌トラブルを生み出す大きな原因になります

乾燥を放っておくと、どんどん「しわ、たるみ、くすみ」などが現れてきます。

肌が乾燥すると正常なターンオーバーが出来ず新しい肌が作られにくくなるので、いくら高級な化粧品を使用しても十分な効果を得ることが難しくなります。

そうなる前に日ごろから保湿ケアを十分に行いましょう。

化粧水の後は美容液だけで終了や、下手すると化粧水だけで終了という若い女性が多いと言いますが、やはりどれほど高級な化粧水でも、それだけで充分な美肌ケアができているとは言えません。

やはり適切なハウトゥーの通り化粧水、目指す美肌作りの美容液(ビタミンC)などを取り入れた後には乳液や保湿クリームでお肌を乾燥から保護する必要があります。

確実なこのステップを取り入れる事で、化粧水の潤い美容液などの効果が最後の保湿クリームを取り入れる事によって完全に効果的に作用すると考えて下さい。

現在では使用感も好みに合わせて、サッパリのモノからこっくりした、しっかり保湿まで多岐に渡って種類は豊富です。

自分の好みにあった乳液やクリームを色々なサンプルやお得なトライアルなどを試して取り入れる事をお勧めします。



おわりに

美肌を手に入れるためには「透明感」が大切です。透明感を手に入れるためには保湿やビタミンCが欠かせません。何よりも日ごろからこまめにケアすることが重要になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 黒ずみ
  2. ウォッカアイキャッチ
  3. 中国野味アイキャッチ
  4. コンユアイキャッチ
  5. 背中アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて