ほしのあきの胸が小さくなったのは出産前のシリコン除去が原因?

この記事は3分で読めます

ほしのあきアイキャッチ


旦那の浮気が報道されて一時的には離婚の噂も
絶えなかった元タレントのほしのあきさん。

子供出産後にタレント活動を休止状態にある
ほしのあきさんの現在がちょっとヤバいと噂に
なっています。

グラビアアイドルとして鳴らした彼女の特徴は
とにかく華奢なボディに不釣り合いな豊満なバスト。

でもグラビア全盛の頃から豊胸疑惑もあった彼女の
現在が胸が小さくなったと噂されています。

実際のデビュー当時から現在までの画像と共に
豊胸疑惑の真相を追ってみよう~

ほしのあきの現在の胸が小さくなったの真相

2011年に競馬界の若手ホープとして注目選手
だった三浦皇成騎手と結婚して女性としての幸せも
しっかりつかんだほしのあきさん。

翌年2012年に「ペニーオークション詐欺事件」
関わりを持った事で芸能界からは事実上休業状態
なっています。

胸
出典:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/4450968

それでも一世を風靡したグラビアタレントなだけあって
芸能人友達が多い事から未だにひなのさんやモデルの
SHIHOさんなどの画像に一緒に移るほしのさんをちょい
ちょい見かけます。

でも彼女の大きな特徴の一つでもあったFカップの
華奢な体系に見合わない爆乳が小さくなったと噂
されているみたいなのです。

結婚から1年後の2012年4月には娘さんも出産
して立派なお母さんになったほしのあきさん。

女性のあるあるなのですが出産前、比較的胸が
小さい人は見たことのないレベルの大きな胸に
なったりします。

そして逆に大き目バストの女性は妊娠して小さくなる
というより出産後の母乳をあげる事で胸が小さくなる
現象になる女性も見えるみたいです。

まさかその効果でFカップが小さくなった??

一概に否定もできませんが・・・

ほしのあきの豊胸疑惑はガチだった?

一応ほしのあきさんのあのご立派な胸は
元々豊胸疑惑のあった胸らしいです。

やっぱりな~って感じですが、かなり華奢な
身体に不釣り合いな大きな胸なので当然その
疑惑があっても不思議ではありません。
豊胸
ましてや身体を見せる商売をしていたほしのさん。
豊胸
あのグラビア業界にいて胸が貧乳よりは男性
目線的にも爆乳の方が人気グラビアアイドルと
して活躍するのは明らかです。

豊胸
って事でほしのあきさんのデビュー当時の画像を
探してみました。

いかがでしょうか?

豊胸

何かくぐったらすぐに出てきちゃいましたね・・・

時たま華奢でも胸だけ大きいって子もゼロでは
無いですが・・・

大半はあり得ないですよね~特に日本人では・・・

痛々しいな~でも。汗

ほしのあき出産前のシリコン除去が原因か

という事で100%に近い感覚で胸の豊胸は疑惑から
確信に変わったと思いますが現在の胸が小さくなった
と言われる画像も確認してみましょう。
胸1
出典:http://entertainment-stile.com/archives/2774

去年の夏まつりを旦那の三浦皇成さんと一緒に
訪れた所の画像も他の画像も胸が小さくなった?と
言われています。
胸がしぼんだ
出典:http://netnews-bank.co/blog/hoshinoaki01/

当然出産後の画像なので直近の画像ですが
やはり上の豊胸疑惑画像なんか見ても
元々豊満なバストが売りで売れっ子タレント
で活躍していたほしのさんなので・・・

出産後にシリコン出したのかな~って
思ってしまいますね。

豊胸手術も永遠ではなく入れ替えとか
あると聞いた事がありますし・・・

母乳を挙げるタイミングでもしかしたら
出した可能性もなきにしもあらずかも
しれません・・・

それにしてもバスト意外は何の変化もない
劣化知らずのほしのあきさん。

もうすぐ41歳になるほしのさんですが
全然年齢不詳ですよね。

おわりに

如何でしたか?特に飽満なバストが売りのほしのあきさんだったので尚更ちょっとした変化でも叩かれる事になってしまいますが、芸能界って可愛いだけではダメなんだな~とつくづくです。豊胸手術って凄いリスクに感じるのですが生き馬の目を抜く程の競争率を勝ち抜くためには必要な手段なのかもしれません。今後タレントとして復活してまたあの可愛い姿を早く見せて欲しいですね。期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清水良太郎アイキャッチ
  2. 長嶋一茂アイキャッチ
  3. カイヤアイキャッチ
  4. 飯島直子アイキャッチ
  5. 生島ヒロシ
  6. 吉澤ひとみアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて