西岡良仁の態度は中2病?悪評高い性格と反比例の年収や戦歴とは

この記事は4分で読めます

西岡良仁

2019年錦織圭選手と対戦し勝利したことで、
一気に有名になった西岡良仁選手。

今月24日の全豪オープンでは、テニス界の
レジェンド、ジョコビッチと対戦し敗れましたが、
世界ランキング自己最高位更新、東京五輪出場圏も
見えてきました。

次世代の日本テニス界の代表的選手となった西岡選手、
その性格も話題を集めており、態度は中2病かなど、
悪評高いとされる性格と反比例の年収や戦歴について
お伝えします。

Sponsored Link

西岡良仁プロフィール

名前:西岡 良仁(にしおか よしひと)
生年月日:1995年9月27日(24歳)
出身地:三重県津市
身長・体重:171㎝・63㎏
学歴:青森山田高等学校
利き手:左
バックハンド:両手打ち
デビュー年:2014年
自己最高ランク:シングルス58位(今後65位前後に浮上予定)、ダブルス210位
尊敬する選手:錦織 圭、Marcelo Rios
好きなアイドル:西野七瀬(乃木坂46)

西岡良仁の現在まで~

西岡
テニススクールを営む両親のもと、4歳でテニスを始め、
中3の秋に錦織圭選手と同じアメリカのIMGニック・
ボロテリー・テニスアカデミーに留学します。

11歳で全日本ジュニアテニス選手権で優勝し、
ジュニアナショナルチームで日本代表として
活躍します。

2014年19歳でヨネックスと契約しプロに転向し、
仁川アジア大会で40年ぶりとなる男子シングルス
優勝し華々しいデビューを果たします。

翌年グランドスラム本戦初勝利が大きな
ニュースとなりました。

昨年、錦織圭選手を破ったことで実力を見せつけ、
今年1月24日全豪オープン3回戦では、敗れたものの
自身初の3回戦進出で世界ランクはさらに上がると
言われています。

錦織圭に変わる次世代のテニス選手として注目
さあれる西岡良仁はまさに上昇気流。

今後の更なる活躍が期待される若手選手の一人
だと言えるでしょう。

西岡良仁の態度が中2病?の悪評の数々

西岡良仁選手について調べると、まだ若い選手にも
関わらず成績意外での言動にも問題がある人物として
話題になっているようです。

紳士淑女のスポーツとして名高いテニスですが、だから
こそいつも有名選手の言動は世間の注目の的です。

西岡良仁さんも既に態度が悪いなどの悪評が数々あり、
自意識過剰な中2病では?

ともとれるエピソードがあるようです。
態度

気性が荒く、ラケットを叩きつけたり、練習態度が
悪く遠征に行けなかったことがあるといいます。

またプロテニスプレーヤーの大先輩、元気印の
松岡修造さんも認めるほどの自信家で、うまくいかないと
激高する
といったことも言われています。

ピアスをしていることも取り上げられていたり、様々
ですが、試合中のラケットを叩きつけるのは海外選手も、
錦織選手や大阪なおみ選手なども多くしており、一流選手
なりのひとつの表現なのかもしれません。

見ていても決して気分の良い行為には見えないああした
行動も一流選手故の一点集中力が持つ才能ある選手の
あるあるなのでしょうか…

一般人的には、ちょっと理解しがたいですが、一流故と
言われるとそうなのかな?とも思えなくもなく激しい
そうした一面があるからこそ物事に集中して高い成績を
残せるともいえるのかもしれませんね。

Sponsored Link

西岡良仁の性格

性格

悪評もある西岡選手ですが実際の性格は
どうなのでしょう。

西岡選手のツイッターなどを見ると、出演番組の
宣伝や、大会、自身のことなど日々感じたまま
若者らしい気楽な雰囲気で書かれていて、最近は
YouTuberとしてテニス情報なども発信して明るい
人柄がうかがえます。

とはいえ、テニスでは熱い思いがでるのでしょうか。

2018年トロントの大会で予選2試合をフルセットで
勝ち上がり、本選1回戦で棄権した際、連日のハードな
試合であったことから男子プロテニス協会に抗議する
という大それたことをやってくれました。

彼は
「僕らがどれだけ体を酷使してるか、あなたたちにはわからないでしょ。」
みたいなことを怒って行ったとか。
(NumberWeb テニスPRESS 山口奈緒美)

全米オープンでも感情を出し、ラケットを破壊
したこともあり、言葉や気持ちが出やすいことは
確かなようです。

ツイッターでは動物との写真も見られ、動物好きな
かわいい面も見えており、オーストラリア森林火災へ
の募金のことも、のせていましたから優しい性格も
うかがえるようですよ。  

西岡良仁の戦歴と年収

西岡選手の主な戦歴は以下のようになっています。

●主な戦歴
•2012年 世界スーパージュニアテニス選手権大会で単複ともにベスト4
•2013年 メキシコ・フューチャーズでプロ大会初優勝
•2013年 全日本テニス選手権大会準優勝
•2014年 上海チャレンジャーで、ATPチャレンジャーツアー初優勝
•2015年 デルレイビーチ国際テニス選手権ベスト8
•2015年 全米オープンにてグランドスラム本戦初勝利
•2015年 ダンロップワールドチャレンジテニストーナメント優勝
•2016年 アトランタ・テニス選手権ベスト4
•2018年 ツアー初優勝
•2019年 全仏オープン初勝利
•2020年 全豪オープン3回戦進出

19歳でアジア制覇を果たし、プロ転向後2年で世界
トップ100入りを果たす
注目選手の仲間入りをします。

テニスは賞金額がスポーツの中でも高額なことで
知られていますが、西岡さんの年収はいくらぐらいか
気になりますね。

デビューした2014年は推定年収は約600万円だった
ようですが、2018年シングルで優勝した時は賞金約
4000万円を得ており、年収としてはこの年5000万
前後であったと思われます。

所属のミキハウスや、スポンサーのヨネックスからの
収入もあるので、現在めきめき結果を出している
西岡選手の年収はかなりアップしているといえそうです。

色々言われても何と言っても24歳にして、この高年収
は結果オーライの勝負の世界では、やはり図抜けている
証拠なのではないでしょうか…

Sponsored Link

おわりに

次世代を担う注目のプロテニスプレーヤー西岡良仁選手ですが、態度が悪いなど中2病かという性格面の悪評が出ており、気になりますが実際やや自信家で感情が高ぶりやすい性格が見えているといえます。
ですが優しい一面も見えテニスには情熱をかけ身長も小さいながら素晴らしい結果を連ね、努力してきたことが報われています。悪評高い性格と反比例し年収や、ランキングはうなぎのぼりで、これからが楽しみな期待の星です。
西岡選手の世界ランキング上昇とこれからの活躍を期待しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 錦織圭アイキャッチ
  2. 大阪なおみアイキャッチ
  3. セリーナウイリアムスアイキャッチ
  4. 錦織圭アイキャッチ
  5. 望月慎太郎アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて