羽根田卓也結婚する彼女は外人で兄弟もイケメン?筋肉もヤバすぎる

この記事は3分で読めます

羽根田卓也アイキャッチ

1月28日に3時間スペシャルの人気番組
『ジャンクスポーツ』にリオ五輪カヌーで
日本人初の銅メダルを獲得した羽根田卓也さんが
出演します。

イケメンカヌー選手として今や引っ張りだこの
羽根田卓也さんの結婚する彼女や物凄い筋肉美
も追ってみようと思います。




Sponsored Link

羽根田卓也プロフィール

氏名   羽根田卓也(はねだ たくや)
愛称   ハネタク(マツコ命名)
生年月日 1987年7月17日(30歳)18年1月現
出身地  愛知県豊田市
身長   175㎝
体重   70㎏
血液型  O型
最終学歴 スロバキアコメニウス大学体育学部大学院
所属   ミキハウス
特技   スロバキア語

羽根田卓也の結婚する彼女はやっぱり外人?

最終学歴にも記載しましたが高校卒業後
更なる高みを目指してカヌー競技が盛んな
国であるスロバキアへの大学進学を選んだ羽根田さん。

その地で結局大学入学から10年間過ごしたとあって
当時の生活や彼女もスロバキア人と交際した~との発言
が以前のテレビ番組でありました。

リオ五輪
出典:sanspo

そして10年間のカヌー競技修行の念願かない
2016年リオ五輪で見事日本人初の銅メダルを
獲得した羽根田卓也さん。

それからの彼は当然テレビにも出演したりして
そのイケメンぶりからマツコデラックスの番組
にも出演した際『ハネタク』なる愛称まで命名
してもらったりしたイケメンぶりです。

メダル獲得後の16年8月のインタビューでは
文春の取材に『彼女は募集中です!』と発言してますが
本当に彼女がいないのでしょうか?

本人曰く練習意外ではなるべくエネルギーを使わない
ようにしてかなりストイックな生活を送っていると発言
されてます。

大会期間中も暇だからどっか行きたい~みたいな生活
ではなくなるべくベットの上にいる生活を送っている
との事です。

明日休みだから飲みにいくぞ~食べにいくぞ~みたいな
生活では決してないとか・・・

現役である限り結婚なんてとても無理~と言う事らしいです。

今となってはポルシェがスポンサーに付いて乗り放題の
羽根田さんに彼女が居ないというのも、ちょっとリアルに
信じられませんが・・・

意外にも過去の恋愛遍歴でスロバキア人との交際歴が
ある男性なので国際結婚も充分あり得るかもですね。

そうなったらファンの悲鳴が聞こえそうです。汗

でもリオ五輪の時より更に高みを目指して東京五輪
に意欲を見せるハネタクからしたら恋愛も結婚も
東京五輪後に~って感じなのかもしれません。




Sponsored Link

羽根田卓也の兄弟は何人?

元カヌー選手だった父親の影響と強引な
カヌー練習の勧誘によってついには五輪
メダリストとなったハネタク。

そんな彼には兄弟はいなかったのでしょうか?

彼は三兄弟の真ん中で長男翔太朗さん
現在自動車関係の営業をされているそうで
既にご結婚してお嫁さんとお子様も実家の
豊田で同居しているみたいです。

兄弟
出典:http://www.livenan.com/archives/11450629.html

長男の翔太朗さんも元カヌー選手として活動して
いた時期があったそうです。

長男と次男のハネタクさんが似てて三男の和隆
さんが父親似にようですね。

羽根田卓也の筋肉がヤバい!

身体全身を使用して速さを競うカヌー競技
はとっても全身筋肉を使用します。

そのせいなのか、それとは別で鍛えているのか?

この細身ながらびっしりと筋肉の付いたマッチョな
身体がヤバくないですか?
筋肉
出典:naver
めちゃめちぁカッコいい筋肉ボディですよね。

これは顔のイケメンとの相乗効果がヤバい
W効果を発揮してます。

やっぱり男女ともに言えますが顔だけ~ってよりは

顔も身体もスタイルが良いと更にイケメン度がUPします。

女性ならいい女度がUPするのと同じですよね~視覚からの
情報が何と言っても70%と言われるのはこのためです。

美しさって武器になるんですよね・・・汗

おわりに

見れば見るほどご立派な筋肉とイケメン具合がカッコいいハネタクの更なる活躍と2年後の東京五輪でリオの銅メダルを超える活躍を期待しながら是非頑張って欲しいですね!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤森由香アイキャッチ
  2. 鬼塚雅アイキャッチ
  3. 片山来夢アイキャッチ
  4. 菊池彩花アイキャッチ
  5. 石井正子アイキャッチ
  6. 宮川紗江アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて