菊池風磨の父親は作詞家で名前や離婚で兄弟が腹違いの大学はどこ

この記事は3分で読めます

菊池風磨

Sexy Zoneのメンバーの中でもちょっと態度に問題あり?
と言われちゃったりする菊池風磨君。

彼の通う大学や父親の離婚が噂になっています。

嵐の曲を作詞したことで音楽業界では有名な人らしい
彼の父親と離婚説に兄弟の関係も同時に追ってっみよう~




Sponsored Link

菊池風磨プロフィール

氏名   菊池風磨(きくち ふうま)
生年月日 1995年3月7日(22歳)17年12月現
出身地  東京都
身長   177㎝
血液型  A型
最終学歴 慶應義塾大学総合政策学部
入所日  2008年~

大学が慶應義塾大学総合政策学部で(SFC)にAO入試で入学。

偏差値も69と言われているのでかなり頭がいい事が分かりますね。

ちなみに嵐の櫻井翔さんが同じ大学だな~って考えたら
尚更優秀なのが分かりますね。

菊池風磨の父親の名前と作詞家の真相

彼の父親は作詞家として音楽業界では知られた人物
らしく何と同じジャニーズ事務所の先輩である嵐を
ブレイクするきっかけとなった曲『A・RA・SHI』
作詞家菊池常利さんと言われる方です。

父親
出典:http://nekotopi.com/geino/636/

ビックリですよね。嵐の『A・RA・SHI』と言われれば
嵐の大ブレイクのきっかけとなったファンならずも
誰もが知るヒット曲です。

その曲の作詞家でありシンガーソングライターが
彼の実の父親との事。

これは結構地味に凄い事実です。

フォークデュオグループLA-LA Deuxの元メンバーでもあって
ジャニーズの他ユニットではTOKIOなどにも楽曲提供するほどの
実力者として知られた人物らしいのです。

音楽業界人らしく見た目もかなり若く、風磨君に
負けず劣らずのイケメンでかなり若々しい雰囲気です。

絶対サラリーマンに見えないタイプですね。




Sponsored Link

菊池風磨の父親は離婚して兄弟は腹違い?

ただうがった見方で勝手な想像で父親のコネ
ジャニーズに入所したのかな~と思ったら実は全くの
逆だったみたいです。

風磨君がジャニーズ入所したのは2008年ですが中学2年で
部活なども何もかもが中途半端に終了してしまった事で何か
打ち込めるものが欲しい~と自ら応募したらしいです。

そう思ったのがきっかけで父からの誘いでもなんでもなかった
みたいです。

歌に興味を持ち自らジャニーズに応募した彼は見事合格。

入所後も父親の事を話さなかった彼は後から父の事を言わなかった
事をジャニー喜多川氏に怒られたんだそうです。

何かこの話はちょっとカッコいいですよね!

かなり前ぶりが長くなってしまいましたが風磨君の
父親には離婚の噂もあって、その為彼の兄弟は腹違い
なんじゃないか?と噂さらえているみたいです。

音楽業界の売れっ子作詞家でシンガーソングライター
ときたら何やら一般人よりは離婚とか身近に聞こえるから
不思議です。汗
(イメージだけですよ!)

それもそのはずで弟が風磨君の9歳年下。

それだけにとどまらず一番下の妹は風磨君より12歳
年下!

これは確かに腹違いと思われても仕方ないかな?W

てことで一応タイトル通りに父親の菊池常利さんの
年齢を探してみました。

確実とは言い切れませんが常利さんは1971年か
1972年生まれの45歳か44歳くらいでは~と言われています。

そして風磨君が現在22歳で弟が2017歳時点で10歳か11歳。

妹が10歳か9歳くらいの年齢になりますね。

風磨君が誕生した時が若い父親であった事は間違い
ありませんが、44歳から45歳なら10歳や11歳の子供が
いてもまぁおかしくないですよね?

肝心な離婚で腹違いはどうなのでしょう?

離婚はガセ情報みたいです。

だってお母さんが父親常利さんと同年代にしても充分30代半ばで
兄妹出産は可能ですので、腹違いはあり得ないと思います。

おわりに

菊池風磨君の父親は菊池常利さんで作詞家でもありシンガーソングライターとして活躍する人物で離婚はしていないし兄弟も腹違いでもなんでもないという事が分かりましたね。
最近ちょっと生意気で天狗とか言われちゃっている風磨君ですが、そんな言葉を吹き飛ばす活躍で益々頑張って欲しいですね!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 森田剛アイキャッチ
  2. 大野智アイキャッチ
  3. 松島聡アイキャッチ
  4. 櫻井翔アイキャッチ
  5. 錦戸亮アイキャッチ
  6. 安田章大アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて