今井翼は退社決定?病気が理由の激太り現在は干された状態か

この記事は3分で読めます

17年9月のタッキー&翼のコンビ休業報告から今井翼
君のジャニーズ退社が噂されている。

元々タッキーとの不仲説が絶えなかったこの数年に
翼君に何があったのか?

既に退社を決意した最近の翼君の病気や激太りの
原因も同時に追ってみよう~




Sponsored Link

今井翼プロフィール

氏名   今井翼(いまい つばさ)
生年月日 1981年10月17日(36歳)18年2月現
出身地  神奈川県藤沢市
身長   175㎝
血液型   A型
参加ユニット タッキー&翼(2002年~)

今井翼はジャニーズ退社は既に決定?

去年の17年9月にタッキー&翼の15周年記念を
目前にして発表された同ユニット活動休止発表。

ファンを騒然とさせた理由の先に翼君のジャニーズ
退社はほぼ決定していたという。

そもそも気に入らない事があると上司だろうが
とことん食いついて文句を言う正義感と言うか
損な性格と言われる翼君。

彼は16年に解散したSMAPを崩壊させた原因が
やはりSMAPの元マネを恫喝して『出ていけ』
言った本人であると言われるメリー副社長
に食ってかかったという。

そこに翼君とは真逆のタッキーの
『あいつらはSAMAPアホだ』
発言。

この発言とSMAP解散を引き起こしたメリー氏のやり方が
とことん気に食わなかった翼くんの真っ向から食ってかかる
対応に両社がこれ以上ここで一緒に仕事をするのは
無理だ~と決定したことが、ジャニーズ側からはユニットの
休止決定を出したと言われている。

そして当然SMAP解散から気に食わない翼君もジャニーズ退社を
いよいよ決意したとの事。

今だ退社の発表はされていないが退社後は当然SMAP
元マネの設立した「カレン」に合流するとの事。

もう賽は投げられたようだ・・・

翼君カッコいい。

男気ありますね~




Sponsored Link

今井翼の病気とは

2014年11月6日に体調不良のため入院していた
事を発表した翼君。

その病気名は「メニエール病」

以前から突発性難聴や立ち上がるのも困難なくらいの
目眩にあったため舞台の千秋楽を待たずに緊急入院
したのです。

メニエール病は原因不明の病気として元々女性に
多い病気として知られますが男性でもかかる病気
だったのですね・・・

今井翼の激太りは病気が原因?

メニエール病になる原因は色々言われる中でも
不規則な生活や極度の緊張感などの強いストレス
から生じる病気と言われています。

退社
出典:http://girlschannel.net/topics/910601/
元々こんなに華奢!

性格的には大雑把で大らかな性格の人よりは
几帳面で真面目、礼儀正しいタイプの人がより
かかりやすい病気と言われています。

そして緊急入院から退院して自宅療養を経た
翼君は2014年末に現場復帰しますが、その後
薬物療法と食事や睡眠などの生活習慣の改善を
心がけて順調に仕事復帰するも、見る見る激太り
していきます。
激太り
出典:https://namakemonoyoshi.com/archives/5679
顔はイケメンのまんまなんだけど・・・やっぱり結構
凄いかも・・・

この理由は年齢的なもので代謝が落ちた?との
見方もあったようですが、間違いなくメニエール病
の改善に使用するステロイド薬の長期使用による影響
での激太りだと考えれれるようです。

ステロイドの特徴は長期使用で脂肪が付きやすく
その脂肪の付く箇所も手足よりムーンフェイスと
言われる顔や首回り、肩や腹回りにお肉が付きやすく
なり他人からより分かりやすい太り方をする翼君に
とってはこの変化もまたストレスとなった事でしょう。

人前に出る仕事である以上、アイドルだし尚更
ですよね・・・

上手くコントロールして体重も落ち着くと
良いですよね~このままどんどん増量では
仕事もキツイでしょ?

おわりに

と言う事で現在の翼君はもっぱらタイミングを見てジャニーズ退社へのころ合いを見ている時期でしょうか?
どちらにしてもタッキーとの格差もストレスだった翼君には活動の場を広げてすっきりした環境で頑張って欲しいですね。是非退社しても応援したいと思います!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 国分太一アイキャッチ
  2. 玉森裕太アイキャッチ
  3. 有岡大貴アイキャッチ
  4. 渋谷すばるアイキャッチ
  5. 二階堂髙嗣アイキャッチ
  6. 宮田俊哉アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて