研ナオコ旦那は男前なのにホスト狂いは病気並みで娘ひとみは母親似

この記事は3分で読めます

研ナオコアイキャッチ

歌手として様々なヒット曲を持つ研ナオコさんの
現在の活動は病気などが原因で昔のような活動は
されていないみたいです。

過去には薬物逮捕の疑惑や骨折など様々な困難を
乗り越えて現在に至る彼女を支え続ける旦那様は
野口典夫さんと言う二枚目の旦那さまが。

そんな中でもホストに狂ったスキャンダルも報道
された研ナオコさんの娘や息子の話題も踏まえ現在の
彼女を追ってみよう~




Sponsored Link

研ナオコプロフィール

氏名   研ナオコ(けん なおこ)
生年月日 1953年7月7日(64歳)18年2月現
出身地  静岡県伊豆市
身長   162㎝
体重   51.5㎏
血液型  A型

研ナオコの旦那野口典夫が男前です

研ナオコさんと言ったら歌手として過去には
沢山のヒット曲を持ち一時は司会業などでも
引っ張りだこの売れっ子タレントとしても活躍
された一流芸能人です。

そんな彼女の旦那は野口典夫さんと言い元
マネージャーと歌手の関係で結婚して当時は
話題になりました。

1987年に結婚された野口典夫さんは83年から
85年までは三井大介の名前で俳優として活動
されていた正統派イケメンです。

しかも7歳年下の・・・

当時子供ながらにビックリした記憶が残っています。

気になる方はこちらからどうぞ
旦那画像

凄い格差カップルだけど何となく甲斐性のある
(当時は本当に売れっ子だった)研ナオコと
元マネの超男前と言う夫婦の絵が異様な目に
見えない力関係のようなものを感じた記憶が
ハッキリ残っています・・・

一応再婚の2年前に離婚した元夫は研ナオコの
収入をアテにして自分の会社経営の借金返済にかなり
莫大な負担を強いられた過去もある研ナオコさん。

一応離婚理由は『子供ができなかった』を離婚
理由には上げていましたが・・・

その2年後の当時自身のマネージャーだった
野口典夫さんにお手付き?されたのかしたのか・・・

とにかく凄い結婚当時二枚目の旦那様でした。

研ナオコのホスト狂いは病気並み?

そんな男前をビジネスと私生活の両面での
支えを受けながら彼女は何か物足りなかった
のでしょうか?

一時のようにテレビでは見なくなって久しい2007年
週刊誌でホストクラブ通いがフライデーされました。

そんな事実に流石の一流芸能人ともなると
遊び方が違うものだな~と思ったのもつかの間
翌年にはそのホストクラブ確か(クラブ愛)意外の
ホストから週刊新潮に研ナオコからのストーカー行為
を告発されたのです・・・

何でも2007年の番組共演で知り合った当時の
カリスマホストとしてクラブ愛の売れっ子ホストだった
夕聖と知り合い、その後「愛」に通うように。

その内その夕聖をプライベートで呼び出したり
いかがわしい行為の要求をしたり・・・

いかがわしいの意味がかなり恐ろしいですが・・
何故あれほど男前の旦那や家庭がありながら
カリスマホストとは言え強引に呼び出して
いかがわしいと言われるような行為を要求したのでしょう?

この告発について研ナオコさんからのコメントも
言い訳もありませんがこのホストからの告発辺り
からテレビ出演の露出が減ったのでは~と言われている
みたいです。

ホストに狂う人はどちらかと言えば依存体質の人が
多いと言われます。

上手く気分転換的な遊びの一貫に思えるくらいなら
時にはそんな豪華?な遊びもお金のある女性なら
良いかもしれませんが、告発されるようなレベルでは
もはや病的な依存体質と思われても仕方ないですよね。

家族が気の毒です・・・




Sponsored Link

研ナオコの娘ひとみが完全母親似

研ナオコさんには旦那様との間に一男一女の
二人の子供さんにも恵まれています。

結婚後の2年後1987年10月29日に長男
倹太さん。1989年8月8日に長女ひとみさん
が誕生しています。

そしてこの長男はお父様似で男前。

長女のひとみさんは・・・間違いなくお母さまの
研ナオコさん似に見事にパックリと二分化された
遺伝子を引き継いで見えます。汗

気になる方はこちらから
家族画像

ちなみにひとみさんは2011年にHiTOMi名義
で歌手デビュー
されて研ナオコさんのコンサート
で舞台に立ったり、それ以降も地道な活動で頑張って
活動されています。

そして母親のコンサートが無い時は何と電車で
バイトに通うなど二世タレントらしくない下積み
生活を送られてみえるようです。

凄いですね!

母親似のバイタリティーと顔も激似なので
才能もそのまま母親似だったりするかも
なのでこのまま自分の才能を自分で開花させる
べく頑張って欲しいですね。

おわりに

現在は干されたとか言われつつ実際橋本病と言う病とも戦いながら芸能活動も続けていると言われる研ナオコさん。色々あっても結局歌手としての才能や歌のうまさや研ナオコさんの持つ華やかさやオーラは本物なのでこれからも病気を乗り越えて頑張って欲しいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 浜崎あゆみアイキャッチ
  2. 西城秀樹アイキャッチ
  3. 細川たかしアイキャッチ
  4. 郷ひろみ
  5. 錦野旦アイキャッチ
  6. 西城秀樹アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて