豪栄道の父親の仕事と母子家庭の真相は?好きなタイプと彼女は?

この記事は3分で読めます

豪栄道アイキャッチ


休場続きの横綱の中大関豪栄道の3月場所にも
注目が集まります。

初場所からの右手の怪我の回復も気になる中
今回は豪栄道の父親の仕事や母子家庭の噂の
真相を調べようと思います。

未だ独身の豪栄道はそろそろ結婚を意識しても
可笑しくない年齢ですが彼女や好きなタイプなども
同時に追ってみようと思います。

豪栄道プロフィール

四股名   豪栄道豪太郎(ごうえいどうごうたろう)
本名    澤井豪太郎(さわい ごうたろう)
愛称    ゴウタロウ 豪ちゃん
生年月日  1986年4月6日(31歳)18年3月現
出身地   大阪 寝屋川市
身長    183㎝
体重    160㎏
所属部屋   境川部屋
得意技   右四つ・寄り・出し投げ・切り返し・外掛け・首投げ
現在の番付  西大関
最高位    東大関

豪栄道は母子家庭の真相は?

豪栄道の家族は4人家族で父親の澤井雅博さんと
母親の澤井真弓さんに6歳年上で既に嫁いで子供
さんも2人見える姉の優雅(ゆうや)さんです。

この母親の真弓さんや姉の優雅さんは豪栄道との
画像が出回っていますが父親の雅博さんの画像が
どうも見つかりません。

どうも16年9月の幕内優勝の時も母親の真弓
さんは相撲観戦に見えていましたが、父親の雅博
さんの姿が見えない事から両親は離婚しているの?

と噂になったそうです。

父親
出典:mainichi.jp
母子家庭だったのでは~とも言われたとか・・・

大丈夫です。

全然母子家庭ではないみたいです。

晴れの舞台に両親そろって出席することが
多い中母親だけの参加だったことも母子家庭と
噂される原因になったかもしれませんね。

豪栄道の父親の仕事は何してる

そんな豪栄道の父親雅博さんは現在まだ61歳か
62歳くらいでは~と言われているそうで仕事は
何をして見えるのでしょう。

以外にも地元で会社員をされているみたいです。

ダンディーでなかなかのイケメンらしいですよ。

豪栄道の幼少期にはわんぱく相撲でとにかく強くて
相手のいなかった豪栄道に練習相手として当時同じ
地域で馴染みの寿司屋の息子だった勢の体格がよかった
のに目をつけてスカウトしたのが豪栄道の父親雅博さん
だったそうです。

この時の雅博さんの閃きがなかったら勢関は誕生
しなかったかもしれませんね。

だから今でも二人は仲良し。

地元大阪のトークイベントには必ず二人セットで
会場を沸かせるみたいですね。

二人共未だに花の独身ですし・・・

豪栄道の熱愛彼女はいるか

先ほどの勢関との2013年のトークショウでは
ちょっと古いのですが『彼女募集中です』と話して
いた豪栄道。

勢
出典:
来月には32歳になる豪栄道ですのでそろそろ身を
固めてもおかしくない年齢ですよね?

でも今現在もしっかり交際する熱愛彼女は見えない
みたいです。

勢共々まだまだ遊びたいのかもしれませんね。

結構勢関も遊び人らしいので・・・汗

お相撲さんって相当モテるらしいですしね。

まだまだ結婚は先~って感じかもしれません。

2014年7月に大関昇進となってからもカド番
続きで弱い大関と言われ続けている豪栄道ですが
先場所は5場所ぶりの皆勤も果たして怪我の調子も
悪くないようで順調に春場所に出場出来そうで安心
です。

でも2016年9月にはカド番からの幕内優勝を
決めた豪栄道の事を一番喜んだのは父親だった
ようです。

豪栄道の好きなタイプとは~

では最後に豪栄道の好きなタイプとは?

ここ重要です。

結構ああ見えてかなりの面食いっぽい豪栄道ですが
調べてみたらやっぱりの相当な面食い。

好みのタイプは夏目三久さんらしいです。
彼女
まぁ確かにこの超ベリーショートでこんなに
可愛いんだから納得です。

他にも細くて綺麗な人が良いとの事。

まぁ普通に細い一が無い者ネダリでお相撲さんには
良いのかもしれませんね~

しかし夏目三久ね~確か今勢関と言い感じで仲良し
じゃなかったかな?

土俵の下でも二人はバトルしてる?

って感じで相当な面食いなのでスー女のみなさん
心して美に磨きをかけて豪栄道には挑んで下さいね。

おわりに

何度も危ういカド番になりながら大関の座を守り通す豪栄道、18年の初場所も大関候補として関脇昇進となった栃ノ心が物凄い勢いで追いかけてくると思うので是非心して大関らしく頑張って欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鶴竜アイキャッチ
  2. 琴光喜アイキャッチ
  3. 阿武咲アイキャッチ
  4. 大栄翔アイキャッチ
  5. 千代大龍アイキャッチ
  6. 翔猿アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて