立川志らくの嫁は酒井莉加で年齢差が凄い!子供や離婚歴の真相は

この記事は3分で読めます

立川志らくアイキャッチ

天才落語家・立川談志の弟子で、最近では
毒舌コメンテーターとして「ひるおび」でも
活躍している落語家立川志らくさん。

時にその言いぶりに偉そうと言われたりする志らく
さんだが、実は奥さんとの年齢差が凄いと話題に
なっています。

今回はそんな立川志らくさんの嫁や子供に離婚の
過去?の真相について追ってみようと思います。




Sponsored Link

立川志らくプロフィール

名前    立川志らく(たちかわ しらく)
誕生日   1963年8月16日(54歳)17年12月現
出身地   東京都
活動内容  落語家・映画監督・映画評論家
所属事務所 落語立川流
ワタナベエンターテインメント

立川志らくの経歴が凄い!

最近バラエティ番組にも出演されている
立川志らくさんの経歴について気になりますよね~

今回、立川志らくさんの経歴について調べたので
簡単に紹介していきます。

立川志らくさんは日本大学芸術部4年生の
1985年に立川談志に入門されました。

実力を認められ、1988年に二つ目
(寄席の番組で二番目に出る)昇進して、
1995年には真打(寄席の番組で最後に出る)
昇進されました。

落語界では寄席の番組の最後の方に出る人が
実力が高い落語家として評価されます。

1996年には雑誌「立川志らくのシネマ徒然草」にて
連載されるなど、落語界で活躍されていました。

最近では、2015年に立川志らくさんに再び火が付き
公演界「立川志らく 落語大全集」は年4回も開催されるほど
人気で、お昼のニュース番組「ひるおび!」
コメンテーターとしてレギュラー出演を果たしています。

1995年に真打に昇進してから2015年の間は
立川志らくさんに大きな変化はなかったものの
真打として落語の寄席で活躍はされていたみたいですね!

立川志らくの嫁は酒井莉加?年齢差がすごい!

立川志らくさんは2006年に年下女性の
酒井莉加さんと結婚されました。

元アイドル活動をされていた女性らしく見た目も
とっても可愛い奥様です。

2001年にはアキバを中心に活躍して
「パソコンの歌を歌うアイドルユニット
LINKLINKLINK」として売り出したみたいですが
泣かず飛ばずだったらしく・・・

嫁
出典:http://trend-japon.com/9036.html

この二人の年齢が18歳差ということでも話題に
なりましたよね!

結婚された当時は立川志らくさんが43歳
酒井莉加さん25歳だったそうです。

30代、40代の男性からすると夢がある年齢差で
結婚をしたなという感じですね。

やはり、立川志らくさんが若い奥さんの酒井莉加さんに
べた惚れなんだろうと思いきや、酒井莉加さんのブログの
プロフィールでは「志らく依存症」と書いてあって
立川志らくさんの一方的な思いではなく、双方とも
べた惚れなようですね。




Sponsored Link

立川志らくの離婚歴の真相は?

お笑い芸人の水道橋博士のブログに投稿された
記事をきっかけに立川志らくさんに離婚歴
あることが判明しました。

そのブログの記事によると、立川志らくさんが
学生時代の時に体の弱い元嫁と結婚されていて
その元嫁との間には子どもが3人いるとのことです。

この情報に関しては公式な情報もなく、立川志らくさ
ん本人も公言していないので何が事実かわかりません。

その為、ネット上ではこの件に関して物議をかもして
いるみたいですが、現在、立川志らくさんと酒井莉加さんは
仲が良いみたいですし、二人の中ではきちんと解決されている
問題なんでしょうね。

立川志らくの子供は?

立川志らくさんは現在の奥様との間に
子ども2人がいるそうです。

どちらも女の子二人だそうで、次女に関しては
2017年3月に産まれたばかりで立川志らくさんは
デレデレだそうです。

先ほど紹介した、元嫁との間に子供が3人いることが
事実でしたら、子供は合計5人いることになりますね。

この現代の少子化を考えたら神レベルの遺伝子ですねW

まとめ

今回は落語家の立川志らくさんを紹介しました。

落語の世界でも活躍され、現在はバラエティ番組のゲストとしてもいろんな番組で目にかかることがありますよね。

奥さんとの年齢差が18歳差ですが、ラブラブということで羨ましい限りです。

立川志らくさん、2018年はいろんな番組で活躍されるのではないかなって勝手に予測しています。

そんな立川志らくさんの今後について注目ですね!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて