永瀬廉の大学が明治学院大学で遭遇した噂と大学生活の全貌は

この記事は3分で読めます

永瀬廉アイキャッチー

Mr.King vs Mr.Princeのメンバーの中でも最年少で
東京出身なのに関西弁で人気の永瀬廉くん。

彼の現役大学生活や大学で遭遇したらしい目撃情報
に入学した大学はあの有名な明治大学だった~は
本当なの~を調べてみました。

高身長でカッコい彼の評判もあるので是非御覧に
なって下さいね♪




Sponsored Link

永瀬廉プロフィール

永瀬廉(ながせ れん)
生年月日 1999年1月23日(18歳)
出身地  東京都
身長   175㎝
血液型   O型
活動期間 2011年~

永瀬廉の大学は明治大学?

母親がオーディションに履歴書を送って合格した事
がきっかけで出身は東京都ながら、父親の転勤で大阪
住みだった事から関西ジャニーズJrとして活躍していた
永瀬廉君。

デビューは弱冠12歳と早いものの、今年既に大学生
の年齢になった彼は何と入学した大学が明治学院大学だと
言われている。

明治大学じゃなくて明治学院大学のようです・・・汗

2017年4月3日に入学した彼は列記とした大学2年生。

事実調べてみたがまがいない事実のようで
彼の入学した学部は「社会学部」でその偏差値は
50以上との事。

若くしてアイドル活動しながら頭いいんだね~って感じですね。

明治大学は他の芸能人やジャニーズでも確か入学している
人はいたはずです。

調べてみたらSexyzoneの中島健人君が同大学みたいです。

彼も結構お騒がせなイメージがあるけど・・・汗

ともかく大学生活を満喫している彼は明治大学1年生で
しっかり目撃情報もあるみたいなので、現役明治大学生が
羨ましい限りですよね。




Sponsored Link

永瀬廉と遭遇した大学生活の全貌とは?

明治大学の社会学部で彼は「韓国語」の授業も取って
いるらしく結構アイドルらしからぬ気さくな対応で
当然ではあるが学部内でも相当有名人オーラ出しまくり
な様子。

で、彼を見た人の証言によると生の永瀬廉くんは
やっぱりジャニーズに興味のない女子からしても
あきらかに他の生徒よりカッコいいらしいです・・・

そりゃーそうでしょうね。

だいたいテレビだとそうでもないのに実物は本当に
華奢だった~とか。

あの島崎和歌子でさえ、実物を見た友人曰く
遠めから見えも異様なオーラで、近くで見たら
顔がこ~んなに小さくてめちゃめちゃ綺麗だった。

とか、他のモデルなんかでも良く聞く話です。

今を時めくMrprinceの永瀬廉くんだもの
当然雑誌やテレビの中の彼を見るよりも
破壊力抜群の超絶イケメンなのは間違いないでしょう。

昼間だからなのか大学だからなのか少し不機嫌風
で過ごしているみたいだけど、彼のテレビで見る
気さくな「関西人キャラ」そのままでかなり気さく
な雰囲気が尚更高評価の様子です。

それにしても同じ大学なら間違いなく
彼を探してしまうだろうな~

明治大学現役大学生が羨ましい~

まだまだ1年生の永瀬クンなのでこれからたっぷり
3年以上ウォッチングし放題じゃない~って
可笑しな妄想をしながら、頑張って明治大学を
卒業して欲しいですね!

意外に辞めちゃう芸能人もいるからね~

まとめ

永瀬廉くんは2017年4月に明治大学「社会学部」に入学した現役1年生です。
永瀬廉くんは「韓国語」の授業を取りつつ結構気さくな性格でかなり学部でも評判がよろしいみたい。
それとジャニーズに興味ナッシングの女子も生永瀬廉を見るとそのイケメンぶりに流石わジャニーズとうなったらしい・・・

ってことで今からどんどん人気上昇間違いない永瀬廉君の大学生活と今後の芸能界での活躍に期待したいですね♪




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 金指一世アイキャッチー
  2. 田中樹アイキャッチー
  3. ジェシーアイキャッチー
  4. 阿部顕嵐アイキャッチー
  5. 宮舘涼太アイキャッチー
  6. 吉澤閑也アイキャッチー
    • とん
    • 2018年 3月9日

    いや明治学院であって明治大学じゃねえし。六大学でも何でもねえし。勝手に学院外して変な記事にすんなよ。

      • keiji0301
      • 2018年 3月9日

      てっきり明治大学だと思いこんでおりました。
      教えていただきありがとうございます。
      只今確認して訂正しました。
      今後共どうぞよろしくお願いします。
      管理人より!

    • れんか
    • 2018年 9月30日

    若干→弱冠では?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて