西郷輝彦娘は辺見えみりと現在の嫁の子で辺見マリと離婚の理由は?

この記事は3分で読めます

西郷輝彦アイキャッチ

昨年癌の再発を公表した西郷輝彦さん。

現在の病気の状態が気になるが彼の家族を
もう一度整理してみようと思う。

辺見えみりが娘なのは知っている方が多いと
思うが過去の嫁が辺見マリで何故離婚したのか?

現在の嫁との子供(娘)は一体誰なのか?気になる
プライベートを追ってみよう~




Sponsored Link

西郷輝彦プロフィール

氏名   西郷輝彦(さいごう てるひこ)
生年月日 1947年2月5日(71歳)18年2月現
出身地  鹿児島県鹿児島郡
身長   176㎝
体重   66㎏
血液型  A型

西郷輝彦の娘は辺見えみり

歌手や俳優としても活躍される西郷輝彦さんが
タレントやモデルとして活躍する辺見えみりさんの
お父様である事は結構有名ですよね。

辺見えみり
出典:https://www.oricon.co.jp/news/2025671/photo/1/

今更感がありますが、父親に西郷輝彦さん。

母親に辺見マリさんとの間に誕生したのが
辺見えみりさんと長男に辺見鑑孝(へんみのりたか)
さんの二人兄妹になります。

辺見鑑孝(へんみのりたか)さんは現在音楽プロデューサー
やミュージシャンとして株式会社辺見プロポーションを
運営する実業家として妹さんや母のえみりさんを支えて
います。

それにしてもどう考えても美女に生まれるしかなかった
えみりちゃんの最強遺伝子に納得ですね。

ややお父さん似かな?

えみりちゃんのお兄ちゃんがお母さん似だったりして。笑
(めちゃイケメンやんW)

西郷輝彦が辺見マリの離婚した理由って?

そんなえみりちゃんの母親である辺見マリさん
結婚したのが1972年から1981年の9年間夫婦だった
お二人ですが離婚理由は何だったのでしょう?

誰から見ても今の二人を見てもいつの時代に居ても
関係ない美男美女の二人である事が明らかな二人
ですが離婚の理由はいたって単純な性格の不一致。
辺見マリ
出典:http://www.officiallyjd.com/archives/340081/20140318_henmiemiri_52/
今ではすっかり割り切りでディナーショーとか一緒にやってますW

そして当時の西郷輝彦さんの売れっ子ぶりで歌に
舞台に撮影にと引っ張りだこで週に1度しか自宅に
帰れない事も離婚の大きな理由と言われている。

まだ結婚当時の若い二人にとって特に奥様の
辺見マリさんにとって若い女性が子供2人の
子育てに週に1回しか帰宅しない夫では性格も
何も上手く行くものも行かなくなるのも納得かも
しれません。




Sponsored Link

西郷輝彦の現在の嫁と子供達

その後辺見マリさんは芸能界にも激震の
走る洗脳事件に巻き込まれ長きに渡り
かなりの苦労をするのですが(拝みやに騙されて)

元夫である西郷輝彦さんは1990年に自身の事務所に
勤務する19歳年下の明子さんと言う女性と再婚。

元ウグイス嬢をしていた明子さんに西郷さんが
一目惚れで縁談を知って明子さんの実家にまで
駆けつけてプロポーズしたんだとか・・・

やっぱり情熱的な男性なのですね。汗

そして無事再婚された二人の間には娘さんが3人
誕生しています。

長女貴恵(きえ)さんに現在(26歳)

次女朝佑衣 あゆき(24歳)

三女は、雅梨乃 まりの(20歳)の三姉妹です。

再婚後3人もの娘さんが誕生しただなんて西郷さん
凄すぎます。

って事で腹違いの姉妹が辺見えみりちゃん兄妹に3人
増えたって事になりますね。

娘
出典:http://matome55.whdnews.com/p/1610/lHZKy2oV1.html

ちなみにこの三女の雅梨乃 まりのちゃんが
只今芸能界デビューして今川宇宙(うちゅう)として
モデルや女優として活動されたらしいです。

もうお父さん可愛くて可愛くて仕方ないでしょうね~

20歳の孫がいてもおかしくない年齢で自分の娘ですからね~

早く再発した癌を感知させて共演とかして
欲しいですね。

おわりに

西郷輝彦さんのこれまでのプライベートについて調査してみました。癌再発だけが心配ですが是非お大事にされてまだまだ芸能界で活躍してもらわないと~って存在ですよね。一刻も早い復帰を楽しみにしたいと思います。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 渡哲也アイキャッチ
  2. 光石研アイキャッチ
  3. リリーフランキーアイキャッチ
  4. 奥田瑛士アイキャッチ
  5. 千葉真一アイキャッチ
  6. 佐野岳アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて