阿部寛嫁と結婚の馴れ初めや子供は?若い頃より今の映画が面白い!

この記事は3分で読めます

阿部寛アイキャッチ

モデル出身で今や映画界で引っ張りだこの
俳優阿部寛さん。

先日から公開の『のみとり侍』もかなり話題と
なって益々俳優としての新境地も広がったみたいで
楽しみな映画ですね。

以前はクールでドライな印象だった阿部寛さん
ですが今回は結婚された嫁との馴れ初めや子供さん
の情報なんかプライベートの阿部寛さんに迫ってみよう
と思います。

Sponsored Link

阿部寛の嫁と結婚の馴れ初めは?

人物像はあの日本人離れした顔の濃さに長身の
イケメンぶりからクールでドライな印象の阿部寛さん。

そんな阿部寛さんがご結婚されたのは今から約10年前
2007年10月20日。

お相手の女性は一般人だった為お顔のお披露目は
ありませんでしたが年齢は15才年下の当時まだ
20代後半の女性と報じられました。

流石モデル出身で既に役者としても売れっ子俳優
として活躍されていた阿部寛さんです。

少し晩婚ではありましたが若く綺麗な女性をゲット
したんだろうな~と納得したものです。

ちなみに当時の阿部寛さんのご年齢が43才なので
奥様が15才年下ですから28才ですね。

そんな二人の馴れ初めは友人を介した食事会で
知合ったとの事。

でもそこで急発展したのかと思いきや知り合って
連絡を交換したものの、阿部さんから連絡をしら
らしいですが出会いから4年後にメールをして交際
へと急発展。

ある意味凄いですよね~

だって阿部寛さん程の男性なら出会いは星の数程
あるでしょうし、その中から4年も前の一般人
女性の名前と顔とメールを記憶していた~

って事はですね~余程阿部寛さんにとって
奥様はインパクトがあったのではないでしょうか?

出会いから4年後のメール連絡します?

一般人でもなかなか忘れそうですよね。

そんな中阿部寛さんからメールしたのです。

恐らく結婚発表で似顔の公表をした阿部寛さん
ですが相当な美人なのではないでしょうか?

ちなみに奥様の事をこう評しています。

『僕にとって可愛い人。価値観があって年齢差を感じない』

やっぱ女性はどんな男前と結婚しても惚れられて
ナンボですね・・・素晴らしい!

Sponsored Link

阿部寛の子供や性別も気になる

そして二人の間にお子様は~二人誕生しています。

2011年6月23日に長女が誕生。

第二子も翌年の2012年11月1日に次女が誕生。

既に二児のパパとなっている阿部寛さんですがお名前は
将来の事も考慮して奥様同様非公開のようです。

上の長女が恐らく今年小学校に上がられた可能性が
高く、次女はまだ幼稚園くらいでしょうか・・・

天下の阿部寛さんが惚れた奥様と、あのどう見ても
ハーフ張りの目鼻立ちバキバキの阿部寛さんの娘さんです。

超美形なお嬢様なんでしょうね~

凄い美人そうで色々妄想が膨らみます。

阿部寛は若い頃より今の映画が面白い

そんなこんなで私生活の充実ぶりが演技の幅も
広げているのか阿部寛さんの映画オファーが
止まりませんね。

18年5月18日公開された『のみとり侍』
公開前からかなり話題の映画で艶系映画とあって
R15に指定されている映画です。

様々な顔を見せる阿部寛さんがどんどん一皮も
二皮も剥けてどんどん新境地を開いている感じです。

個人的にはあの映画『テルマエ・ロマエ』の辺りから
何だかコミカルな役柄が今までのお堅いイメージを一新
してとっても面白く魅力的だったのが印象的です。

今作の『のみとり侍』も絶対見にいかなくっちゃ!

劇中での見どころは色々ありそうですが、私の
リサーチではあの火曜サスペの常連山本紅葉さんとの
ラブシーンが共演者も唸らせる強烈なシーンだった
らしいので必見ですね。

是非阿部寛さんのラブシーン満載の『のみとり侍』
見にいきましょう!

ってかなり勝手に宣伝してしまいましたが
絶対面白そうなので、たまには映画館で
見たいですよね!

Sponsored Link

おわりに

如何でしたか?今ノリにノッテいる俳優阿部寛さんの話題作『のみとり侍』と順調な俳優生活の七変化ぶりはやっぱり安定したプライベートの家族との充実した生活があるからかもしれません。非公開の奥様との出会いに天下の阿部寛でもやっぱり追う時は追うのね~と痛く関心しつつ今後も阿部寛さんを一ファンとして応援していきたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 豊川悦司アイキャッチ
  2. 遠藤憲一アイキャッチ
  3. 陣内孝則アイキャッチ
  4. 光石研アイキャッチ
  5. 宍戸錠アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて